| index | はじめに | 投球F/M | 変化球 | 投手技術・情報 | そのほか |

# index

# はじめに
# 投球F/M
# 変化球
# 投手技術・情報
# そのほか

index > 投手技術・情報 > リサーチ
# シュート回転を直す
シュート回転、またはナチュラルシュートは投手であるならばできる限り直すべきです。
プロでもたまに外角へ投じたストレートがシュートして真ん中に入るということが良くあります。
すべてのストレートがシュートする人、あるコースだけシュートする人など様々ですが、原因は1つです。
それは体の開きが早いと言う事です。下半身、上半身どちらにもいえることですが、
特に下半身が早く開くと上半身も早く開くということがあります。体が早く開くと、腕の軌道は
投球方向にまっすぐではなく、多少左によります。するとボールの左側に力が集中し、
本来のバックスピンではなくシュート回転が加わってしまうのです。これがメカニズムです。
このナチュラルシュートを直すためには何よりも投球動作の改善が必要です。
開きを抑え、本来のまっすぐな腕の軌道になればシュート回転は直ります。
具体的にどうすればよいかは、投球F/Mのコンテンツを参照してください。
 
また、いつもはちゃんとしたストレートなのに、あるコースだけシュートするという例もありますが、
コレも同じく体が開いているのです。右投げの場合、右打者の外角に投げるボールが
シュートする例が多く見られます。これは外に投げようと意識して体が早く開いてしまうからです。
外へ投げる場合でも、体が開かないように意識することが大切です。
 
また、体が疲れてきて肘が下がったり体が開いてしまうことでシュート回転につながるケースもあります。
コレばかりは走りこんで下半身とスタミナの強化をするしかありません。
index > 投手技術・情報 > リサーチ

 | 利用規約 | スタッフ紹介 | 広告・雑誌掲載等 | 問い合わせ | 

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO